【無料! メンタリング導入・事例紹介セミナー】  ※本セミナーは終了しています
対話と振り返りによる、新しい人材育成策                                                    −大手電子部品メーカーの成功事例・導入モデル紹介−  【今後のセミナー予定】はこちら

メンタリングは、“師弟関係モデル”による人材育成策であると同時に、 対話とメンターシップ(※支援型リーダシップ)の浸透を通じた組織変革モデルです。
次のような経営問題の解決に最適な施策です。


  −様々な研修・教育をしても、現場での活用や能力向上につながらない!
  −成果を挙げるための本質的な能力開発策を探しあぐねている。
  −技能継承が停滞している。
  −若手社員の成長意欲、ワークモチベーションが低迷している。
  −人を育てる組織風土や現場環境が損なわれている。
  −熱意を持った指導者・リーダーが少なくなっている。
  −人材育成の停滞が、経営戦略の進捗にもマイナス影響を及ぼしている

近年世界の有力企業の多くが、“対話”をキーにした経営革新を進めています。人材育成革新のカギは、まさにこの対話のプロセスにあるのです。

本セミナーは、次のような特徴があります。


  −人材育成策としてのメンタリングの戦略ポイントを、短時間で効率的にお伝えします。
  −メンタリングによる対話プロセスと効果を、実例に基づいてご紹介します。
  −企業導入事例・成功事例の共有を通じて、導入・活用の具体的なイメージをお伝えします。
  −一般論ではなく、自社組織の課題に合った活用ビジョンを描いていただきます。
  −現在の停滞状況を打破するための、人材マネジメントと経営革新のビジョンをご提案します。

  −貴社での取り組みを徹底サポートするコンサルティングサービスをご紹介します。

 

集合研修中心の従来型教育の変革と、本格的な人材力強化への取組みをご検討されている企業の皆様のご参加をお待ちしております。

 

 関連サービス【人材育成戦略推進支援】はこちら

 

             

セミナー申込み

セミナーの具体的内容

1.メンタリングによる人材育成のコンセプト

  • なぜ人材は育たないのか?:社会環境変化と組織モラール低下、学習の阻害
  • メンタリングの活動モデル:なぜ“師弟関係モデル”が有効なのか?
  • 学習・成長を促進するポイント:既存の教育と何が違うか?
  • コンピテンシー、暗黙知に着目した中核人材の開発

2.導入・成功事例紹介

  • 村田製作所グループでの取り組み事例
  • 事例企業の課題と成果:学習・成長はどう進んだのか?
  • 教育効果測定のフレームワーク
  • 情報サービス業、エネルギー系企業での取り組み事例ト

3.プログラム導入の進め方

  • ステークホルダーへのノウハウ共有と理解浸透
  • プログラムフレームワークと浸透の仕掛け
  • 対話とアクションによる学習サイクルの組み立て
  • 指導者(=メンター)養成の進め方
  • 組織変革への展開
  • まとめ:メンタリングによる人材育成と組織変革のビジョン
  • 質疑応答

尚、内容構成は予定であり一部変更することがあります。

開催日程等

■開催スケジュール
平成23年1月18日(火)10:00〜11:30
■場 所

   野村コンファレンスプラザ →アクセス

※会場は、変更することがあります。
■講 師
ソフィアコンサルティング株式会社 代表取締役社長 田添忠彦 →プロフィール

■定 員

15社(※1社からの複数名ご参加についてはご相談下さい)
お申し込み社少数の場合は中止することがありますが、その場合にはご要望に応じて弊社コンサルタントが個別にご相談に伺います。
定員に達し次第、締め切ります。
■参加料
※無料
■セミナーの主対象
 

企業・官庁の人事担当役員、人事・労務部門及び事業部門のマネージャー・企画担当の方
※ 特に、組織変革や人材育成戦略の見直しをお考えの企業の方、メンタリングや組織学習等の戦略教育プログラムの導入をご検討中の企業の方、現場社員の育成や技能継承・モチベーションアップにお悩みの企業の方に有益です。
※ ご同業の方はご参加をお断りすることがありますので、予めご了承下さい。
■その他
−本セミナーは無料セミナーにつき、お申し込み後のキャンセルはご遠慮下さい。

セミナーの進め方

■レクチャーに加え、コンサルティング事例に基づく豊富な資料をご提供いたします。

■セミナー終了後には、ご希望に応じて個別に意見交換、ご相談を行います。

お申し込み

セミナー申込みフォームよりお申込み下さい。
お申し込み受領後、ご案内をご郵送致します。

お申込み受付後のキャンセルは原則としてご遠慮下さい。やむを得ない場合には、代わりの方がご参加下さるようお願いいたします。

※ご入力いただく情報は、SSL暗号化通信により保護されます。
※「個人情報」は、弊社「プライバシーポリシー」に基づいて適切に保持」いたします。

             

セミナー申込み

お問い合わせ

■お電話:03-6454-0951

■メール:inquiry@philosophia.co.jp