【無料! 経営セミナー】ビジネスモデル変革を進める「働き方改革」戦略
−ビジネス戦略と強固にリンクした、人材育成、人事労務制度、組織変革の実践−

政権主導によってここ数年一気に広がる「働き方改革」ですが、各企業では、その狙いや具体策含めて自社戦略を探しあぐねているのが現状があります。
ともすると、それは労働時間管理や雇用管理等に限定され、従来の労務管理の枠内にとどまりがちです。
では、経営戦略としての「働き方改革」をどう構築し、実行していけばいいのか?

本セミナーは下記のような構成で進めます。
 ◆そもそも「働き方改革」とは何か?
 ◆政府の進める「働き方改革」と企業戦略のズレ、共通点
 ◆ビジネスモデルが変わるから、「働き方」も変わる!
 ◆ビジネスモデル変革を支える人事制度、労務管理、人材育成、組織変革
 ◆改革で見据える組織と人材マネジメントのビジョン


本セミナーでは、昨今進む「働き方改革」の論点を広くカバーしつつも、その盲点を特定し、企業戦略として取り組むべき道筋を明らかにします。
その中から、何を自社の戦略課題として特定し、その解決を推進する支援策をご提案します。

顧客ニーズとその解決に資するビジネスモデルをどう作り、それを通じて生産性(収益性)を高めるのか、まさにその点にこそ「働き方改革」の成否は掛かっています。
経営幹部をはじめ、またプロジェクトを担う人事労務教育部門の責任者・企画担当者の方、また事業部門のマネジメントに携わる方々の広いご参加をお待ちいたします。

 

 関連サービス【人材育成戦略推進支援】はこちら

             

セミナー申込み

セミナー内容構成 ※内容は一部変更することがあります。

【セミナー内容構成】 ※内容は一部変更することがあります。

1.なぜ「働き方改革」は進まないのか?
−これまでの労働改革ブームの変遷
−各時代の特徴と残された課題
−安倍政権の「働き方改革」の全体像、政策ポイント
−そもそも「働き方」とは何なのか?
−ナレッジワークとソリューション型ビジネスの広がり

2.自社における「働き方改革戦略」の見極め
−「生産性」、「ビジネスモデル」、「人件費戦略」はなぜ置き去りに?
−「働き方」の主要な観点を「ビジネスモデル」に移行させる!
−「働き方改革」戦略絞り込みマトリクスの活用
−自社課題を検証し、「働き方改革」戦略を見極める
−ビジネスモデル変革としての「働き方改革」の基本戦略

3.ビジネスモデル変革を支える方策〜A社の事例
−機械メーカーA社におけるビジネスモデル変革と人事教育方策の取組事例
−「ビジネスモデル」こそが、「働き方」を決める最大の要因
−ビジネスモデルと「働き方の関係」
−人材育成戦略(ビジネスモデル転換を支える人材を生むノウハウ)
−育成の要としてのメンター制度の活用

4.育成からチームビルディングへ
−組織学習の戦略
−組織学習のメソッドと実践方策
−対話によるチームビルディング
−アクションラーニングの活用
−組織学習によるプロジェクト推進
−「強い組織」とは何か?

5.労務戦略整備のポイント
−過重労働の現状と対策ポイント
−労働時間改革と組織変革をリンクさせた事例
−労働時間改革の法制変化と対応ポイント

6.ダイバーシティ、女性活躍推進への視点と成功モデル
−将棋界における女性活躍推進
−ビジネスモデル変革とダイバーシティをどうリンクさせるか
−女性活躍推進の成功ポイント
−B社における社内保育所設立の成功事例

7.人事部門におけるビジネスモデル変革
−事業部門の戦略スタッフ機能
−プロジェクト推進、チェンジエージェント機能
−事業共同推進機能
−従来型の人事労務の枠組みを、どう打破するか?

8.まとめ「働き方改革」のビジョン

※本セミナーは、「働き方改革」やビジネスモデルの転換、人材育成、及びその経営課題をご検討中の企業の方対象に、課題解決のに向けての情報提供と共に、弊社コンサルティング・教育研修サービスの活用をご検討いただくためのセミナーです。
そのため、お申し込み後にご参加目的確認のための、簡単なアンケートメールをお送りします。
※ご同業者(コンサルティング会社、研修会社等)、個人参加(※「個人的な勉強のため」、「一般的情報収集」等)は、お断りします。

開催日程等

■開催スケジュール
平成30年6月27日(水) 10:00〜12:00(受付09:40〜)
■場 所

   野村コンファレンスプラザ →アクセス

※会場は、変更することがあります。
■講 師
ソフィアコンサルティング株式会社 代表取締役社長 田添忠彦 →プロフィール

■定 員

15名
■参加料
無料
■セミナーの主対象
管理職、経営者・経営幹部、人事・労務、事務・総務、法務・コンプライアンス

 

※ご同業の方はご参加をお断りすることがありますので、予めご了承下さい。

※個人でのご参加はご遠慮ください。

セミナーの進め方

■レクチャーに加え、コンサルティング事例に基づく豊富な資料をご提供いたします。

■セミナー終了後には、ご希望に応じて個別に意見交換、ご相談を行います。

お申し込み

セミナー申し込みフォームよりお申込みください。
お申し込み受領後、ご案内をご郵送致します。

お申込み受付後のキャンセルは原則としてご遠慮下さい。やむを得ない場合には、代わりの方がご参加下さるようお願いいたします。

※ご入力いただく情報は、SSL暗号化通信により保護されます。
※「個人情報」は、弊社「プライバシーポリシー」に基づいて適切に保持」いたします。

             

セミナー申込み

お問い合わせ

■お電話:03-6454-0951

■メール:inquiry@philosophia.co.jp