【無料! メンター制度の人材戦略】その活用・ノウハウのすべて
−リーダー育成、女性活躍、「働き方改革」、若手・新人定着で、組織とビジネスを変える決め手!−

セミナー紹介動画


−経営幹部、人事教育門、人材育成担当の方対象
−人材育成革新の戦略シナリオをご提案します
−メンタリングによる育成のポイント、成功事例をお伝えします
−制度活用の手順や仕組みを詳しくご紹介します

★メンター制度の導入・改善、貴社特有の人材育成課題解決、新年度からの教育体系構築に役立つセミナーです!

【メンタリングは、対話による革新的な人材育成モデルです!】

メンタリングによる対話と行動変革は、次のような経営問題を解決できます。

−既存の研修が、ビジネス能力向上につながらない。
−技能継承が停滞している。
−人を育てる風土や組織環境が損なわれている。
−女性社員の活躍推進が、、、
−熱意ある指導者が少ない。
−新しいアイディア、ビジネスモデルが生まれない、、

【何が人を伸ばすのか?(本セミナーの特徴)】

人が育つカギは対話と信頼関係にあります。

−人材育成メンタリングのポイントを効率的にお伝えします。
−メンタリングの育成効果を、実例でご紹介します。
−企業事例を通じて、活用の具体的イメージ、道筋、手順を共有します。
−人材育成による経営革新ビジョンをご提案します。
−貴社の取組みを最後までご支援するコンサルティングをご案内します。

 

 関連サービス【人材育成戦略推進支援】はこちら

             

セミナー申込み

セミナー内容構成 ※内容は一部変更することがあります。

1.人材育成に立ちはだかる壁
・従来型教育では、なぜ人材は育たないのか?
・なぜリーダーは育たず、女性は活躍できず、若手人材は定着しないのか?
・なぜ組織風土が沈滞し、学習が進まないのか?

2.メンタリングによる人材育成の特徴(革新性)
・メンタリングの活動モデル:なぜ“師弟関係モデル”が有効なのか?
・学習・成長を促進するポイント:既存の教育と何が違うか?
・暗黙知(経験知)に着目した育成とはどのようなものか?
・メンター制度を組み入れた、戦略的な社内教育体系の構築事例

3.成功事例紹介
・村田製作所グループ他、メーカー、サービス業等での取り組み事例
・事例企業の課題と成果:学習・成長はどう進んだのか?
・教育効果測定とそのフレームワーク

4.貴社へのメンター制度導入・活用の具体的な進め方
・制度導入活用、プログラム編成の具体的な仕組みと手順
・育成マネジメント(PDCA)の進め方
・指導者(=メンター)養成の具体策
・コンサルティング、教育研修サービスご紹介

※人材育成策やその経営課題をご検討中の企業の方対象に、課題解決のに向けての情報提供と共に、弊社コンサルティング・教育研修サービスの活用をご検討いただくためのセミナーです。
そのため、お申し込み後にご参加目的確認のための、簡単なアンケートメールをお送りします。
※ご同業社(コンサルティング会社、研修会社等)、個人参加(※「個人的な勉強のため」、「一般的情報収集」等)は、お断りします。
※なお、ご同業社やITベンダー様等で、何らかのアライアンスをお考えの際は、申込時にその旨ご連絡下さい。適宜適切に対応致します。

開催日程等

■開催スケジュール
平成30年1月30日(火) 10:00〜12:00(受付09:40〜)
■場 所

   野村コンファレンスプラザ →アクセス

※会場は、変更することがあります。
■講 師
ソフィアコンサルティング株式会社 代表取締役社長 田添忠彦 →プロフィール

■定 員

15名
■参加料
無料
■セミナーの主対象
管理職、経営者・経営幹部、人事・労務、面接官・リクルーター、エンジニア・IT、営業・販売・サービス、マーケティング

 

※ ご同業の方はご参加をお断りすることがありますので、予めご了承下さい。

※個人でのご参加はご遠慮ください。

セミナーの進め方

■レクチャーに加え、コンサルティング事例に基づく豊富な資料をご提供いたします。

■セミナー終了後には、ご希望に応じて個別に意見交換、ご相談を行います。

お申し込み

セミナー申し込みフォームよりお申込みください。
お申し込み受領後、ご案内をご郵送致します。

お申込み受付後のキャンセルは原則としてご遠慮下さい。やむを得ない場合には、代わりの方がご参加下さるようお願いいたします。

※ご入力いただく情報は、SSL暗号化通信により保護されます。
※「個人情報」は、弊社「プライバシーポリシー」に基づいて適切に保持」いたします。

             

セミナー申込み

お問い合わせ

■お電話:03-6454-0951

■メール:inquiry@philosophia.co.jp