【経営セミナー】過重労働対策のリスクマネジメント
−レクチャーと対話で深める、強い組織を作る経営労務戦略−

若き命が犠牲となった先の電通事件は、日本社会全体に大きな衝撃をもたらしました。

これを契機に、企業の労務コンプライアンス、とりわけ長時間労働対策に対する社会の眼は一層厳しさを増しています。

また、厚労省〜労働局に最近設置されている通常「カトク」・過重労働 撲滅特別対策班を中心にして、企業の労務不正に対する取締り体制も、ここへきてさらに強化されています。

これまで労務リスク対応が手薄であった企業ばかりでなく、予てコンプライアンス体制の構築に継続的に取り組んできた企業においても、その労務戦略の見直しが必須になっていると言えるでしょう。

そこで本セミナーは、企業経営者、また人事労務責任者、事業部門マネージャーの方々を対象に、労務管理に関わる法制基本事項確認はもとより、過重労働問題をはじめとする深刻な労務リスクを企業組織でどうマネジメントしていくかの抜本策をご提案します。

レクチャーのみならず、質問セッションや参加者相互の情報交換を交えて、問題認識とビジョンの共有を進めます。

労務管理体制の整備はもとより、人材が生き生きと活躍する強い組織の構築にお役立ていただけます。

 

 関連サービス【組織変革支援】はこちら

             

セミナー申込み

セミナー内容構成 ※内容は一部変更することがあります。

1.「過重労働問題」とは何か?

  • 徹底分析!電通事件〜過労死と法令違反の背後にある真の問題
  • 長時間労働発生のメカニズム
  • 組織的抑圧構造としての過重労働

2.過重労働を巡るコンプライアンス検証

  • 労働時間に関わる法制の構造
  • 労働時間規制の法改正ポイント
  • 当局による取締りの実態とポイント

3. 事例分析と労働時間問題のメカニズム

  • 事例(1):エネルギー系企業A社の例
  • A社例に見る、組織モラール荒廃の深刻なインパクト
  • 要としてのコミュニケーション(=対話)マネジメント
  • 事例(2):メーカーB社の例
  • B社例に見る、有効な過重労働対応策
  • メンター制度、メンタルヘルス研修

4. まとめとワークマネジメントのビジョン

  • 労働時間対応策の構成と考え方
  • リスクマネジメントのフレームワーク
  • 「働き方改革」への対応
  • 日本型雇用システムとワークマネジメントのビジョン

【対話セッション】

  • レクチャー内容への質問セッション
  • 参加者相互の問題認識、事例共有
  • 主要な論点に関する意見交換 他

※人材育成策やその経営課題をご検討中の企業の方対象に、課題解決のに向けての情報提供と共に、弊社コンサルティング・教育研修サービスの活用をご検討いただくためのセミナーです。
※本セミナーは、組織や人材に関わる課題をご検討中の企業の方対象です。個人でのご参加や、同業者の方はお断りします。

開催日程等

■開催スケジュール
平成29年3月16日(木) 10:00〜12:15(受付09:40〜)
■場 所

   野村コンファレンスプラザ →アクセス

※会場は、変更することがあります。
■講 師
ソフィアコンサルティング株式会社 代表取締役社長 田添忠彦 →プロフィール

■定 員

15名
■参加料
5,000円
■セミナーの主対象
管理職、経営者・経営幹部、人事・労務、面接官・リクルーター、エンジニア・IT、営業・販売・サービス、マーケティング

 

※ 特に、組織変革や人材育成戦略の見直しをお考えの企業の方、メンタリングや組織学習等の戦略教育策導入を検討中の企業の方、社員の育成や技能継承・モチベーションアップにお悩みの企業の方に有益です。
※ ご同業の方はご参加をお断りすることがありますので、予めご了承下さい。

※個人でのご参加はご遠慮ください。
■その他
−本セミナーは無料につき、お申し込み後のキャンセルはご遠慮下さい。

セミナーの進め方

■レクチャーに加え、コンサルティング事例に基づく豊富な資料をご提供いたします。

■セミナー終了後には、ご希望に応じて個別に意見交換、ご相談を行います。

お申し込み

セミナー申し込みフォームよりお申込みください。
お申し込み受領後、ご案内をご郵送致します。

お申込み受付後のキャンセルは原則としてご遠慮下さい。やむを得ない場合には、代わりの方がご参加下さるようお願いいたします。

※ご入力いただく情報は、SSL暗号化通信により保護されます。
※「個人情報」は、弊社「プライバシーポリシー」に基づいて適切に保持」いたします。

             

セミナー申込み

お問い合わせ

■お電話:03-6454-0951

■メール:inquiry@philosophia.co.jp