労務リスクに対応し、競争力を高める
組織コミュニケーション改善の進め方 ※本セミナーは終了しています。                    −組織学習を活用した、対話による組織体質強化策−

 サービス残業等の労働時間問題、セクハラ・パワハラ等の「いじめ問題」及びそれに伴うメンタルヘルス等健康管理、派遣・請負契約に伴う雇用管理の諸問題は、今や労務管理の3大リスク要因といわれています。
こうした労務リスクの根底には、コミュニケーションと組織体質に関わる共通の背景が存在します。
組織コミュニケーションを改善し組織の自浄能力を高めることは、現代企業に必須のリスクマネジメント課題です。
一方、組織コミュニケーションには、より積極的な意義があります。
組織・チームレベルの対話の活性化は、経営諸課題の解決、新たなビジネスアイディアの創出、人材のワークモチベーションの向上、チームビルディング等、新たな付加価値につながっていきます。
本セミナーでは、対話の戦略としての組織学習手法によって、現代的な労務リスクの回避のみならず、組織体質の強化による競争力強化策を、具体的にご提案していきます。

             

セミナー申込み

セミナーの具体的内容


1. 高まる労務リスク

  • 「人材の孤立化」が進む、社会背景
  • 労働時間問題のリスク〜サービス残業、長時間労働、過労死等〜
  • 企業事例分析(1)
  • ハラスメントとメンタルヘルス問題
  • 派遣・請負等、雇用管理、雇用調整に伴うリスク
  • 労務リスクマネジメントのフレームワーク

2. 競争力の要としての組織体質

  • −競争力を支える人材、能力とは何か?
  • 能力としてのワークモチベーション
  • 企業事例分析(2)
  • モチベーションをどう継続させるか?
  • 組織体質強化とモチベーションマネジメント

3. 組織学習と対話プロセスの活用

  • “対話”とは何か?
  • 組織学習(アクション・ラーニング)のプロセス
  • 演習:グループ対話による問題共有と解決ビジョン作り
  • グループ対話の振り返り
  • 組織学習の現場マネジメントへの活用と定着化
  • まとめ〜組織学習と組織体質強化の進め方

尚、内容構成は予定であり一部変更することがあります。

開催日程等

■開催スケジュール
平成21年8月25日(火)13:00〜17:00
■場 所
ソフィアコンサルティング株式会社 本社 →アクセス
※会場は、変更することがあります。
■講 師
ソフィアコンサルティング株式会社 代表取締役社長 田添忠彦 →プロフィール

■定 員

20社(※1社からの複数名ご参加についてはご相談下さい)
お申し込み社少数の場合は中止することがありますが、その場合にはご要望に応じて弊社コンサルタントが個別にご相談に伺います。
定員に達し次第、締め切ります。
■参加料
26,250円(※消費税込)
■セミナーの主対象
 

企業・官公庁の人事担当役員、人事・労務部門及び事業部門のマネージャー・企画担当の皆様
※ 特に、組織活性化、モチベーション向上、現場での人材育成拡充をお考えの企業の方。組織コミュニケーション改善と伴う諸施策をご検討中の企業の方。
※ ご同業の方はご参加をお断りすることがありますので、予めご了承下さい。
■その他
−お申込者少数の場合は、中止することがあります。

セミナーの進め方

■レクチャーに加え、コンサルティング事例に基づく豊富な資料をご提供いたします。

■セミナー終了後、学習成果を自社のマネジメント充実に生かせるようにすることを目指す。

■セミナー終了後には、ご希望に応じて個別に意見交換、ご相談を行います。

お申し込み

セミナー申込みフォームよりお申込み下さい。
お申し込み受領後、ご案内をご郵送致します。

お申込み受付後のキャンセルは原則としてご遠慮下さい。やむを得ない場合には、代わりの方がご参加下さるようお願いいたします。

※ご入力いただく情報は、SSL暗号化通信により保護されます。
※「個人情報」は、弊社「プライバシーポリシー」に基づいて適切に保持」いたします。

             

セミナー申込み

お問い合わせ

■お電話:03-5848-8830

■メール:inquiry@philosophia.co.jp